hddが認識しない理由として考えられる障害と復旧方法

禁止事項として注意


オペレーター

hddを認識しないパソコンに問題を解決させようとする場合、多くのユーザーは自分で何とか解決したくていろんなことを試してみようとします。
ですが、その中の多くは間違った行動で、hddに負担をかけるばかりで認識しない問題を解決することには至ることがありません。
むしろ、認識しない状況を悪化させることに繋がるため、必要のない行動はしないことが大切です。
ここで必要な考え方は、無理な操作は行わない、ということです。

hddを認識しないとき、パソコンがフリーズした時の応用で再起動すれば問題が解決すると思ってしまいがちです。
ですが、物理障害としてヘッドやプラッタなどの内部構造に損傷が見られるときには、いくら電源を入れなおしてもhddがパソコンによって認識しない問題は解決されません。
むしろ、電源を入れたり切ったりする操作の影響でさらに内部の損傷が悪化することも懸念されます。
それによって、復旧できたhddが復旧できないhddになってしまったケースもあるため、何度も電源のオンオフを繰り返すのは厳禁です。

hddをパソコンが認識しない状況下で、hddの設定を操作するようなことはますます行ってはいけないことです。
基本的にデータの読み書きによって成立しているのがhddの動作であることから、余計な書き込みをさせないようにする必要があるためです。
もちろん、フォーマットをすることは白紙状態に上書きすることであり、データ復旧を不可能にする原因の代表です。
また、リカバリディスクを利用することも、工場出荷時の設定に強制的に戻すためでしかないため、トラブルの対応としては不適切です。
さらに、ドライブの分割を目的にパーティション分けがなされているときに、その分割を変更するのもデータの上書きに繋がり、データ復旧を不可能にします。
認識しないhddを救助するためには、どの作業も不適切な効果しか生みません。