hddが認識しない理由として考えられる障害と復旧方法

自分でチェック


パソコンを操作する女性

hddが認識しない状況下にあるときの考え方として、状況把握に務めることは非常に大切です。
なぜならば、hddが認識しないトラブルが発生するのにも、様々な理由があるからです。
もちろん、純粋にhddそのものが壊れていることも少なくありません。むしろ、多くの場合はhddが壊れているため、下手に刺激をするのはよくありません。
ですが、そうではない可能性も捨てきれないため、まずは冷静に認識しない理由を探すことが大切です。
そして、その理由として考えられるのは
・接続ケーブルが使い物になっていない
・設定がおかしくなっている
などのケースです。この場合、hddは正常でも認識しないのは当然です。
ですから、hddの状態について目や耳で判断できる部分と、それ以外の細かなトラブルに気を回す余裕がまずは必要です。
冷静になることで、自分でチェックして問題点をあぶり出すことができます。hddそのものが壊れて、機器本体の故障が発生している場合は物理障害と呼ばれて、明らかに異常があります。
例えば、ひたすらずっと読み込み作業をしようとしているような、カチカチと音がし続ける場合。
また、ディスクドライブに入っているプラッタと呼ばれる記録部分が回転する時、明らかに音が大きかったり、不安定な動作をしたりする場合。
さらに、煙や異臭がhddドライブから発生しているように見受けられる場合。
こういった状況下では、ユーザーがどうにか出来る問題の域を超えています。
ですから、専門家に相談をして修理依頼を出すことが必要です。
いわゆる、hddが寿命を迎えて天命を全うした状態がこのケースです。

hddが認識しない場合、接続がおかしくなっている場合や内部の設定がおかしい場合があります。
まず、外付型のhddを利用している場合は確実に接続がおかしいケースが懸念されます。
純正のケーブルを利用せずに、携帯用の細いケーブルを利用している場合はまず純正に切り替えたり、太いケーブルに切り替えたりすることが必要です。
さらに、USBハブを利用している場合はハブそのものが壊れているケースも有るため、一旦それを外して直接パソコンと接続することも試すべきです。

そして、内蔵型であってもあり得ることが、機器のドライバが破損したり、ドライブレターの設定が混同したりして、正常にドライブを認識できないケースです。
その状況下でのトラブルシューティングガイドが機器メーカーのウェブサイトなどに掲載されているため、スマートフォンなどから検索をすると良いです。